2009年04月05日

【宝塚2009-2】星組東京宝塚劇場 「My dear New Oreans」 「ア ビヤント」

2月に宝塚で見た作品の東京初日
安蘭けい最後の作品

えーとにかく泣けました
最後のレニーが話すエピソードに
景子先生はセットの使い方とか(そう言うのは美術さん担当だけど)上手いんですよね
色々感心しました

ショーは…ワタシは伝統的な宝塚のショーが好きなようでカンカンよりも「ロケット」が見たかったなぁ

*****
宝塚を見始めて25年が経ちました
その間に「この人!」というのはまぁ何人か居るのですが
いわゆる路線でトップになるのを祝えてさよならも見送れたのは安蘭けいと一路真輝だけです(っていうかトップになった人のファンじゃない場合が多すぎる)
安蘭けいは一路真輝の役を新人公演で何度か演じてます 日本初演のエリザベートの新人公演トートは安蘭けいです。
そして相手役の遠野あすかも新人公演と代役でシシィを演じてます
この2人にエリザベートをあてがわなかった大人の事情がきっとあるのでしょうが 見てみたかったなぁ
さよならショーは何を歌ったんだろう?(DVD買うつもり)
バウ初主演の「イカロス」もとても好きでした
数年遅れての東京−名古屋公演の演出も(あっこれは景子先生の役割だけど)好きでした。
トップになるのにとても時間のかかってしまったスターでした
就任直後のトークショーで「諦めなかった理由」を聞かれて「同じように四回受験して駄目だった仲間の顔を思い出す」と答えてました。

次のトップは記録的に(でもないか)早い就任の柚希礼音です。
とても期待してます。
posted by みちる at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。