2009年07月09日

【ミュージカル2009-3】パルコ劇場 サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ

ソンドハイムの作品、宮本亜門演出
石井一彰君が出るという以外何の情報も無しにチラシのスーラの絵を見てもそれが作品と結びつかず…あらすじぐらい読んでおけば良かった…


この作品は 難解or取っても面白いのどちらかだと思う若しくはどちらも
三日経ってみて 「どちらも」かなぁと言う感じ

今日になって一幕のヒロイン「ドット」が点描の「ドット」だと気が付いた(^^;

登場人物が絵の通り並ぶ場面は圧巻です

でも贅沢にもX列(最前列)ではわかりにくい 
あと劇場機構というかセット 面白かったぁ

若い頃一瞬舞台美術の世界を夢見たことを思い出しました。
posted by みちる at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。