2009年10月15日

Kさんに捧ぐ

Kさん

父の上司のような先輩のような仲間のような不思議な関係だったKさん

父とは会えましたでしょうか?
多分ずっと寂しがっていたと思います。

実家の畳には新築で遊びに来てくれたときに、あなたがつけた唯一の畳のタバコの焦げ後しっかり残ってます。
多分未だ見たら泣いちゃうでしょうからもう少し実家にも帰りません(って言い訳にしちゃったりして)

父がそちらに行ったときあなたは「一路」という日本酒を持ってきてくださいましたね。
とても嬉しかったです。

私からはこのお酒を贈ります
サントリー響12年

父がそちらに行って来年で12年ですこのウィスキーは12年前に蒸留されたモノ12年後の今呑まれるために…
12年分たくさん呑んで話してください。
奥さんに預けます。




父はそちらで再会して嬉しいかも知れませんが地上の私たちは結構泣き濡れてたんですよ!!それはいつか私たちがそっちに行ったときに…


posted by みちる at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | いい男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。