2010年02月24日

【ミュージカル2010-1】DANCE ACT『MATERIAL』@天王洲銀河劇場

うーんDANCE ACT『MATERIAL』となっているけど…
ミュージカルで良いかな?

原作があるダンス公演ってのが全くイメージできなくて
しかもそれが「雨柳堂夢咄」ってなんか風情のあるタイトルで(実は観劇した後のアフタートークで知りました 漫画です!!)

しかも構成・演出が荻田浩一…

ってのも後で気が付いて

やっぱり宝塚の先生が作ったものだから後ろに本編とはかなりかけ離れた華やかなショーが付いてました
好きですけどねそう言うのも
でも2時間しかない作品でこれを言うのはアレですが「冗長」
最近何を観てもそう感じるのは年のせいでしょうか?

良くできている作品だとは思いました原作を読みたいと思いました。
タダ主人公というより主演か、にこの作品を引っ張る魅力を感じませんでした。原作を読んでないのでわからないのでどういうコンセプトのキャラなのかわからないまま…彼女自身は非常にチャーミングで良いんですけどね。
まぁ昨日初日が明けたばかりだし明日以降どんどん変わるのでしょうが

因みに植本潤サンは「今日始めて振りを間違えなかった!!」そうです(^^;
植本さんが出ているというのも観劇のきっかけの一つでしたが踊るとは!!


あっそれからこれから天王洲アイルに行く人でモノレール利用の方、羽田まで直行便が有るらしいからご注意を
石井一彰君はみんながそろっていないといけない時間に羽田空港にいたそうです(苦笑)




posted by みちる at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。