2010年07月13日

【読感】「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

40数名待った結果半年ほどでやっとまわってきました
因みにうちの区では制限時間が3週間 予約本の取り置き期間は1週間です

鉛筆の表紙の印象的なこの本
実は書評などを見てまず立ち読みで後ろの方の「文具紹介」を見ました

著者かなりの文具マニアだと思います

内容としてはノートに何を書いているかと言うよりノートをどう書いているかと言う感じですね
私はビジネスマンではなく会議など縁がなくたまにあるアフィリエイトのイベントでのメモと某酒造会社主催のイベントのメモがそれに当たるのでしょうが
私に限って言えば3冊ノートを持つ必要はない かな? メモノートを充実させておけばOKかと思います

キャンパスノートでスケジュールノートが出ている事はこの本一冊買っても良いぐらいの情報でしたね
買うかどうかは解りませんが

最近出た続編も予約したので楽しみです

あっノートの表紙というかカバーの話は面白かったです



新作はこちら
ラベル:ノート術
posted by みちる at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。