2010年10月12日

【読感】ストーリー・セラー

名作と言われる「自衛隊三部作」もドラマ化される「フリーター家を買う」も未だ読んでないですが、やっぱり有川浩はいい!…図書館戦争シリーズとレインツリーの国とシアター!と阪急電車だけで言うのは早すぎ?

図書館で借りました。
久し振りに本を読んで大泣きしました。
いやちょっと前レインツリーの国を読んだときも泣いたんだけど…アレで泣けるのは私の特殊体験故でしょうから。

雑誌に掲載された話と、対になる話と言う構成ですが。
なんというか阪急電車の時の折り返しとも違うし、作者が違う上に古いですが、冷静と情熱のあいだの「対」ともまったく違った対のお話しです。

これ、ネタバレしないの難しいですね。

「書く側」と「読む側」の夫婦の「書く方」が病に冒されるのがSide Aで逆がBです。
あぁでも一つだけ共感が

私には家族の「絶筆」の体験が有ります。
父が新聞記者で結局ドタバタでどれが絶筆原稿か解ってないのですが…と言うより知るのが怖いんですね。


しかしね、思うのです。
彼女が書いていたのが「阪急電車」ではなく「阪神電車」だったら絶対に私は手に取らなかっただろうなぁとましてや阪急でも今津線と来たもんだ(^^;

来月またムラに行くのですが二往復ガッツリ阪急電車の旅してきます。


あぁストーリー・セラー 買いかな?


ラベル:有川浩
posted by みちる at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。