2007年05月18日

女子大生辞めました

と言っても放送大学のこと
こっちの記事にアクセスがあるので…
六年前意欲に満ちて三年時編入<手続が大変だった 私の母校から放送大学に三年時編入したのは私で二人目だそうだ創立三十年の学校で

トコロがことごとく単位は落とす(T.T)
得に語学 全然駄目

面接授業 パニック障害で行けない 等
勉強以前のところで駄目駄目だったりした。

けど演劇を読むはお芝居を観るときの思いがけない視点を見つけられたし<これはろくろく勉強してなかったのに一発Aで通った、現代社会と著作権は非常に勉強になった<これ一回落ちて再試で通ったんです論文でした。

あとウィーン来訪直前に運良く当たったドイツ語Iの面接授業 個人的に色々教えてもらってラッキーだった。
でもね 外国行くときはまず数字が聞き取れないと駄目だと行ってみて実感 後結局英語が出来ないと話にならない。下手にドイツ語で話しかけるとぺらぺらと おーあいきゃんとすぴーくじゃーまにー(これがあっているのかもわからないですw)じゃぱにーずすぴーかーぷりーず(これもっとまちがっているきがする)
でも通じたw

大学院に進むための学位が欲しいとかでなければ普通に入学することをオススメする。

各種学割もほとんど使えるし、PCソフトのアカデミックパックは非常に魅力的だ正直 単位の分は忘れれば(をい)入学金の元はOfficeと一太郎とホームページビルダーで取り返している。

これからは 新しい科目に目を這って魅力的な物はテキストを購入して地デジを導入したら放送授業を観てみようと思う(うちのテレビ放送大学の映り悪いんですそれも離れてしまった一因)

勉強はしますよ これから初級シスアドの記念受験もするしとりあえず十年前の感を取り戻す が目標です。
一度自分の足で地面にきちんと立ちたいです。
posted by みちる at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。