2011年03月05日

【宝塚2011-1】雪組 ロミオとジュリエット@東京宝塚劇場

三井住友VISAカードの貸切公演でなんとSS席…といっても五列目通路側をゲットしました、あー支払いが怖い。

音月桂のトップお披露目公演、相手役は今色々模索中のようでですがダブルキャストのひとり夢華あみ休演中でした。
まぁ今日は舞羽美海の日だったのですが。

クラッシクなシェークスピアのロミオとジュリエットではなくかなり2001年にフランスで初演を迎えた、現代的なロミオとジュリエットでした。
音楽が素晴らしかったですねあと群舞…いや踊って…るか まぁ迫力がありました。
とはいえなんというか単調な気も…や、なんというか

だって話がどうなるか知ってるじゃん(苦笑)

あっでもロケットの衣装が私好み(^^)

星組版も見たかったかな?

まぁ今年の観劇一本目でした。
posted by みちる at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

【映画2010-2】相棒 劇場版II

昨日初日を観てまいりました。
今昼間の再放送枠も相棒だらけでちょっと食傷気味ではあったのですが、うーんやっぱり面白い。
ミッチーのセクシーシーンがあるとの噂でしたが、あれをセクシーシーンというなら神保さんもだなぁと(^^;腐女子へのサービスカット?

毎度のことですが、体調不良で途中意識がないところがあり話の辻褄があわないのですが(もう一度観に行きます)

何が驚いたって、プログラムでの壮大なネタバレ。
しかもラストシーンについて!
おいおいそういう事は先に言っておいてくれよ┐(´∀`)┌

初日開けたばかりで、何を書いてもネタバレになってしまうのですが。面白いです。
是非劇場へお運びください。

『相棒』オフィシャル 杉下右京手帳2011 細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]
posted by みちる at 05:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

【コンサート2010-1】箙かおるアットホームサロンコンサート

時間も経った上に、うーんディナーショーのくくりにするかライブに入れるか悩んでコンサート


シャンソン、雪組下級生時代(と言って良いのでしょうか?)の主題歌、クラシックとポップの融合したもの…宝塚で有数のと言っても差し支えのない歌い手のチャルさんの歌声がもう次場らしくって♪
色々思うところがあるけど全部胸に宝物としてしまい込みますm(__)m

タダ、これは共有したいと思ったMC
このコンサートにあたってカラオケボックスでいろいろと歌ってみたそうです。で思うようなのが無いなぁと思ったら以前に観たクラシックとポップスの融合の人のがずらっと
「最初からそれを入力すれば良かったんだ(笑)」で歌詞を書き留めたり採譜したり。
次の日同じボックスに行くと、「当店の先日のベストテン」にずらっとそれらの曲が(爆)
でも歌ったり歌わなかったりで点数は低い(^^;結局5日間ずっとベストテンを独占していたそうです。

あと、ピアニストさんを紹介し忘れて一度はけたのですが、ここで思いだしたのが雪組組長になって最初の千秋楽挨拶。「次回公演」の案内を忘れてましたよね、チャルさん。
アンコールは「また会う日まで」でした。

あっ因みにディナーも美味しかったです。

雪組時代…うたかたの恋がなかったのが唯一残念だったこと。
ラストの影ソロチャルさんだから実家に帰ったら…ってレコードやんけ。
タグ:宝塚
posted by みちる at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

【映画2010-1】Les Miserables - 25th Anniversary

映画…ではないなぁと思いつつ映画館で見たのでこちらにジャンルわけ。

ミュージカル レ・ミゼラブル25周年コンサートのフィルム上映です。
フィルムコンサートというのが正しいのかな?
全国4カ所のワーナーマイカルで…一週間限定…1日1上映…
まぁ私の行った最終日でも7〜8割の入りでしたからこれ以上は無理でしょう。
因みに子どもも老人も障害者も2000円

あっ25周年なのはロンドンで日本は…20…数年(^^;
世界のなかでは早めの上演だったようです。

字幕の付き方が不思議だったり、コゼットの衣装とか、ジャベールが黒人とか(この辺りはうわさでは聞いていましたが)
うーんコゼットの衣装はやっぱり黒に白襟が素敵なのになぁ。

で、日本のレ・ミゼラブルの現状に…頭を抱えざるを得ませんね。
来年はまた新キャストなのでどうなる事やら、帝劇100周年記念というのもなんだかですが、ツレちゃん(鳳蘭)がでてくるなら観たいなぁと思ってます。

なんというか音の厚さに感動でした。
家庭では出せませんからねぇアレは。
現在イギリスのAmazonでは取り扱いがありますが日本のDVDプレーヤーでは再生できないので要注意!

Amazon予約始まりました
レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-03-24)
売り上げランキング: 344


レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-03-24)
売り上げランキング: 438



個人的には嵌っていた時期と言うこともあり10周年のコンサートが感動でした、ビデオでしたが(苦笑)こちらは日本版のDVDでてます。



今見たらもうマーケットプレイスにしかなくて、高いです(T^T)
posted by みちる at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

【ミュージカル2010-3】エリザベート@帝国劇場

今年で8演目だそうです。
みてないのは一昨年の7演目だけなので…最低でも7回はみたことがあるわけですねエリザベートを(。_・☆\ ベキバキ

嘘嘘、主演女優交代前は一回につき3回とか5回とか全国縦断追っかけとかしてました。

本日のキャスト
エリザベート:瀬奈じゅん
トート:城田優
ルドルフ:伊礼彼方
ゾフィ:寿ひずる
ルドヴィカ:春風ひとみ

んとキャスト違いがあるのはこれだけかな?リトルルドルフは失念m(__)m

城田トートが絶対のびしろ有るって、と言われたのが今回の唐突な観劇のきっかけなんですが…
いや未だ伸びる今が駄目という意味ではなくこれからが楽しみ。
「闇が広がる」はとてもよかったです。
瀬奈シシィは…8年前月組バージョンでみたのですが(しかも初日から3日間)性転換は完了しているけどシシィとしてはもうちょっとかなぁと

しかし納得行かないのがプログラム写真…評判良いらしいんですけどね私は嫌いです。

今回みるきっかけだったのがアンサンブル役者さんが一部役代わりしたことも有るのですが。
そこを楽しむにはもう数回みないとなぁとそんなお金はひっくり返しても無いのですが。

私が心から愛した作品です、自分勝手とは思いますがどうかその思いを踏みにじることのないよう切に切に願うばかりです。

※すみません、完全に記憶を混同していてムラで三回観たのは花組の大鳥れいでしたm(__)mでも東京で二回観てます
posted by みちる at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

【ストレート2010-3】宝塚BOYS@シアタークリエ

千秋楽です。
涙を流すキャストもありーの 不思議なパフォーマンスもありーの
私の周りのお客さんは泣いてました。

考えてみればマリウスもアンジョルラスもルドルフもいるこの舞台 贅沢だ!

ずっと気になっていたのですが 18歳の竹田幹夫君 お酒呑んで良いんですか?
(初演からずっと彼は呑んでないと思っていたのですが今回「酔ってるのか」発言に気が付き呑んでるんだなぁと)

黄川田さんと瀬川さんはこの舞台でお初だったんですがとても好演でまた何処かの舞台でお目にかかりたいです。

あと浦井君は一カ月でルドルフに戻れるのでしょうか?残念ながら浦井君の日のチケットをとってないので…取っちゃおうかなぁ?

*****
私が宝塚に男子部があったと知ったのは未だファンに成り立ての中学校の時で親の買ってきた週刊誌の誰だか俳優さんの説明に「あまり知られてないが宝塚に所属していた」旨書かれたのを読んだとき。もちろんそのまま放置だったのですが。
数年前宝塚BOYSの初演にあたり原案本を読み…泣きました。


宝塚BOYSそこにあるのは努力している男達と…戦争です。
当たり前ですが私は戦争を知らない世代です、親は戦中派ですが記憶にない年齢で終戦を向かえてます。
夏のこの時期に上演していたからこそ戦争のことを考えるきっかけとなりました。

この後兵庫で公演があるそうです。お近くの方は是非!
タグ:石井一彰
posted by みちる at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

【ストレート2010-2】宝塚BOYS@シアタークリエ

2回目の観劇
よくなってきてるかな?

レビューシーンで杉浦太陽君の脚が思ったより上がっていてびっくり、石井君頑張りましょう(^^;

残念ながらと言うか未だ見てない人にはトピックス♪なんだろう?
ナビザーブで割引のチケットを扱ってます
劇場でもリピーター割引を行ってます
未だお悩みの方東京宝塚に行った物のチケットがなかった方
是非シアタークリエに足をお運び下さいませ。

余談ですが 前に座られた方の髪型が若干頭頂部からはみ出ていて舞台センターが観られ無いという哀しい目に遭っていたのですが、幕間に係員が来てブランケットを敷いて座ってみてくださいとのこと

えぇ 後ろの人どうするの?と聞いたら 確認しますのでとのこと
後ろの人は結局大丈夫だったらしくm(__)m

うん正式に「観劇にふさわしくない髪型」をリリースするべきですよ

自分にも身に覚えが無いワケじゃないので…
それは駄目だよと教えてくれる存在って大事だと思うのですが

あっすみれの花咲く頃とモンパリは入っているカラオケが有りますので是非是非

さてあと一回
タグ:石井一彰
posted by みちる at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

【ストレート2010-1】宝塚BOYS @シアタークリエ

初演、再演ときて 再々演です。
結構歌ってるのですがストレートプレーです。

昭和20年一人の男性が小林一三先生に手紙を出す
「宝塚に男子部を」

これをきっかけに集まった7人の「宝塚男子部」の物語
おもしろおかしくそしてほろ苦く涙の出る物語です。

再演のレビューでも書いたのですが 宝塚男子部がすでにないことは宝塚を見る人は、いや見ない人もみんな知ってます。
花園宝塚なんて歌の歌詞にも有った気がします。

だから最初から物語は「男子部解散」に向けて走っている…と感じてしまうのです。

初演再演から大幅に入れ替わったメンバーん?若返ったが正解かな?

最後のレビューの東山さんの脚の上がり方が素晴らしいです。
あと杉浦太陽君は…可愛い
石井君は言うまでもなくかっこいいです

初演、再演よりコミカルになった再々演是非ご覧下さい

あっ今回もDVDが発売されます
お財布にお金多めで(^_-)-☆(と言うわたしも買うのは初めて)

プログラムも上製本の1600円です。

あと二回!
タグ:石井一彰
posted by みちる at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

【ライブ2010-2】yes,mama ok? Rehabilitation(リハビリテーション)@モナレコード

4年ぶり初参戦です 4年前は音楽やってる人だって知りませんでしたあーもったいない。

まずびっくりしたのが100人ほどの観客
もうキャパオーバーも良いところ

私は運良く瞬発力で10番台の番号を頂けたので何とか座れました。
ハギファームのトマトジュースが美味しかったです。
(うっかり席を取る前にドリンクカウンターに並んだ馬鹿です危なかった)

いや 何というか渾身のと言う感じでした濃い!
うっかり物販でTシャツ買っちゃいましたよ ちょっとフィットしすぎ(^^;良いです今痩せているところですから
しかし何処で着ましょう…金剛地さんの顔デザインのTシャツ

そして衝撃の発表

9/22 CEO再発売 

(発売一カ月ほど延びました)

でもどのルートで流通させるんだろう?
これで発売済みの全てのアルバムが再流通すると言うことで新たにyes,mama ok?を知る人もいるかもなぁと

だったら 新譜も欲しいなぁと思います
どうですか?金剛地さん?

あっ共演のユメトコスメさんもとてもよかったです
タグ:金剛地武志
posted by みちる at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

【朗読2010-1】聴き酒夜話 第一夜 下北沢スローコメディファクトリー

…2って有るのか 有るんですよね金剛地さん!!!

金剛地武志さんと福山亜弥さんのお酒に関わるお話し あっお酒って日本酒のことですこの場合

福山さんは利き酒師の資格も持っていると言う事でなかなか面白いお話を聞く事が出来ました。
金剛地さんは…KANさんのライブの感想でも書きましたが「歌手の体は楽器です」すごく声が響くのよね
図々しくも最前列にいていろいろと鼻血ものでした

玉川(多分この字で合っている)というお酒を冷やでいただいたのですが口に含むと苺のような甘みで美味しかったです日本酒久し振り

来月のライブの告知も有り これからがますます楽しみです
タグ:金剛地武志
posted by みちる at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

【宝塚2010-4】スカーレット・ピンパーネル

本当は【6】なはずの【4】
ダブルキャストも片方しか見られず…というのは
\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

スカーレット・ピンパーネル 再演です
初演のインプレッションを大事にしたいとも思ったのですがちょっとご縁があり(最近こればかり)観る事になりました

キャトルレーヴで初演のDVDを観たときにはとても危険な状態になりましたよあーた(フェリシア・ガブリエル風に)

と言いつつ二年経って理解が深まったり前回見落としていた部分があったのも確かで ええっと一番面白い部分寝ていたのですが(。_・☆\ ベキバキ
いや解熱剤って本当に眠れますねぇ

VISA貸切だったのですが何も当たりませんでした(T.T)
と言うか当たった試しがありません
まぁ昔と違ってチケットそのものは当たるようになってきたのでまぁいいかと
星組初演

月組再演

タグ:宝塚
posted by みちる at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

【ミュージカル2010-2】戯伝写楽@青山劇場

今年二度目の石井君 初日です

幻の浮世絵師写楽は女だった!という…タダそれだけの話です(読み浅!!)
ちょっと前に見た水谷豊がやった「歌麿」が私の知識的には役立ちました
写楽が一年しか活躍していないと言うのも何とも知らなかった歴史で

でも
今回の教訓 これ以上二階席or三階席主義を貫くのならオペラグラスを買うべき

ソニンがよかったですね
サイゴンの時も思ったのですがいつ勉強したんだろう?

帰り渋谷まで降りる気がしなかったので地下鉄乗っちゃいました はぁ

あとねぇ 青山劇場は客席飲食禁止なんですよ
お気をつけてください
posted by みちる at 01:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

【宝塚2010-3】ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢

本当は4になるはずだった今年三回目の宝塚観劇
彩吹真央の卒業公演 これで自力発掘の組子さん全員卒業です(ToT)
で知識入れないで見に行ったのですが植田理事の作品だったんですねやーな予感がしたのですが

プロローグ 戦争物なのに白い衣装に花かごまで(この花かごは手荷物ヤツじゃなくて生徒がお花になって籠がたの装置に入っているもの)

虹のナターシャを思い出しました アレはアレで好きだったけど

主役のデュナンは結局どういう信念なのか 劇中にも出てくるけど安っぽいヒューマニズムではないのかと…

ヒロイン アンリエッタも何というか唐突だし

エクトール医師は…アンリエッタを好きと言う事しか解らない

というかやっぱり主人公には恋をして欲しいなぁと思うわけで
で予想通り「そこで終わり????」と言うところで終わりました

ショーは こちらは新人さん稲葉大地さん
新人さんのショーはドキドキします 何してくれるんやろうと
まぁ及第点ですとえらそーに言います。
個人的にはロケットはもっと派手に(これ完全に趣味ですからw)
今後に期待します。

ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢楽天ブックスで予約受付中

posted by みちる at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

【ライブ2010-1】KAN【ルックスだけでひっぱって】

正式には
KAN芸能生活23周年逆特別企画
BAND LIVE TOUR 2010
【ルックスだけでひっぱって】

です。

本日…日付は変わりましたがツアー初日でした
開演一時間十分遅れ (20:10) 終演 えーっと 23時でした時計を見たらもう二十分早く終わってくれればバスがあったのですがそれは都内でその気になれば歩いて帰れと言われてしまうところにいる人としては慎まないとなぁと 書いたけど


アリーナの後ろの方だったのですが初日と言う事もあり大量のスタッフさんが視界に入ってしまいちょっと残念な感じ

後西嶋さんはいつ観ても好みのタイプです♪

それからスペシャルゲスト!!
正直さほど彼には興味がないのですが「パイロットとスチュワーデス」のオリジナル曲しかも弾かず語りを聞けるとは…

歌手の体は楽器ですね

最後の「一曲目から」にもおつきあい下さいましたありがとうございます
私はKANみたいな正直なうそつきは大好きなので多分これからも2つに一つのライブは行くぐらいのペースでやっていくでしょう(CDアルバムは全部買うけど)

帰りは出たところに終電表が張ってありましたが あぁ大阪の人は帰れないなと思いりんかい線深くに降りていきました
posted by みちる at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

【ミュージカル2010-1】DANCE ACT『MATERIAL』@天王洲銀河劇場

うーんDANCE ACT『MATERIAL』となっているけど…
ミュージカルで良いかな?

原作があるダンス公演ってのが全くイメージできなくて
しかもそれが「雨柳堂夢咄」ってなんか風情のあるタイトルで(実は観劇した後のアフタートークで知りました 漫画です!!)

しかも構成・演出が荻田浩一…

ってのも後で気が付いて

やっぱり宝塚の先生が作ったものだから後ろに本編とはかなりかけ離れた華やかなショーが付いてました
好きですけどねそう言うのも
でも2時間しかない作品でこれを言うのはアレですが「冗長」
最近何を観てもそう感じるのは年のせいでしょうか?

良くできている作品だとは思いました原作を読みたいと思いました。
タダ主人公というより主演か、にこの作品を引っ張る魅力を感じませんでした。原作を読んでないのでわからないのでどういうコンセプトのキャラなのかわからないまま…彼女自身は非常にチャーミングで良いんですけどね。
まぁ昨日初日が明けたばかりだし明日以降どんどん変わるのでしょうが

因みに植本潤サンは「今日始めて振りを間違えなかった!!」そうです(^^;
植本さんが出ているというのも観劇のきっかけの一つでしたが踊るとは!!


あっそれからこれから天王洲アイルに行く人でモノレール利用の方、羽田まで直行便が有るらしいからご注意を
石井一彰君はみんながそろっていないといけない時間に羽田空港にいたそうです(苦笑)


posted by みちる at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

【宝塚2010-2】東京宝塚劇場 宙組 カサブランカ

今回ちょっとご縁がありまして二回目の観劇です

今年の目標「リピート無し」はどうなってるんでしょうか(苦笑)
前回よりも「基礎知識」とか「映画のDVDをちらっと観た」というのがあるので演出の小池修一郎の意図が何となくわかるような

だから…あのフィナーレのショーは…
いやね二幕ものにはありがちなんだけどね
何となく芝居とショーがかみ合わないの

拒否反応出るほどじゃないんだけど
何となく違和感

ショーはショーで素晴らしいんだけどね
ロケットなんか結構好みのタイプだし

もしかするともう一度観るかも
次回は寝ないように(。_・☆\ ベキバキ すみません今回ちょっと疲れが出てしまいました
ショーはばっちり起きていたのですが(^_^;)\(・_・) オイオイ

posted by みちる at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

【宝塚2010-1】東京宝塚劇場 宙組 カサブランカ

大空祐飛のお披露目公演 萬あきらさんのさよなら公演

観劇の段階で映画カサブランカは未見だったのだけどプログラムの小池氏の話を読んで観てみたくなり楽天で注文(ただいま送料無料Amazonもだけど)500円のですが(^^;

原作からあまり乖離しないように作ったという事は未だ前半しか観ていないけど伝わってくる。
宙組全体もまとまっていて良いカンジだとおもう。

ショーの最期のデュエットダンスでラスト銀橋センターで終わり 再びライトがついてお辞儀というのはすでにルールなのだろうか?
セットの扱いとかが十年前と 比べる事が間違っているのだけど比べるととても良くなった。
宝塚100年へ続く大切な舞台を一つ一つ愛していきたいと思う
関東エリアの宿予約
チェックイン
チェックアウト
ご利用人数
お部屋数
部屋
ご利用金額
地域選択
posted by みちる at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

【宝塚2009-4】外伝ベルサイユのばらアンドレ編

…この外伝シリーズって何なの??
ご贔屓出てなかったら絶対行かなかったんだけど(^^;
ごめんなさいこれは受け入れられません駄目です 駄目絶対

池田先生も何を考えて許可を出したのやら

ショーは…(タイトル後で入れますm(__)m)
うん悪くないよ タダね 今年ずっと大介先生のショーを見ていた気がします。たまには違うのが観たいです それだけ
posted by みちる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

【ミュージカル2009-5】モンスター悪名高き

笹塚ファクトリーにて

実はこの記事 後日と書いておいたのにタイトルにタイトルが入っているので多分関係者だろうアクセスがあり…書くのが怖いんですけど…

ちょっとなぁと思ったところから書こう
冗長
なんか最近観るオリジナルミュージカル全てに感じる
だから私の体力の問題かも知れないと一応断っておく

\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ
音楽がねぇすごいんですよ
説明できないんですけど三人で演奏とはとても思えない
あっあとタップがありますこれが絡み合って…すごいんです

最後モンスターと愛というテーマになり…なんですが
その前愛国心という名のエゴが…愉快です
もうちょっとコンパクトでも良いカナ(おいといてないじゃん)

森田浩貴サン目当てで行ったのですが良かったですよとファンの方にアピール(^^;




posted by みちる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

【四季2009-1】AIDA

友人代理で行った。
同じモチーフを四季…というよりディズニーがですねどう扱ってるのか興味が有ったので

ディズニーのミュージカルは実は一本も見ていなくて(アニメの美女と野獣は見ました)ホント知識なしで見ました。

結論としては 趣味に合わない…なのですが

あとねラダメスが声の調子がね… 楽しみにしていったのに…
帰りに係員に「あんな声で舞台に出すなんて云々」とかみついている人がいました

そうだよね 「その日コンディションの良いキャストを」が建前だもの

オペラのアイーダが前半1/4ぐらいで挫折してしまって
そこまでの印象だと「王家に捧ぐ歌」の方が原作に近いのかぁと思ったのですが後半どうなるのか…安いDVDも出ているのでタメしてみるのも手だなぁと HDDから消してしまったのが惜しい

便宜上 四季2009-1 にしましたが 2が有るかわからないし2010が有るかどうかもっとわかりませんw
初めてお金を払って座ったS席もなんだかこんな結果で  はぁ
posted by みちる at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

【ミュージカル2009-4】The Musical AIDA(アイーダ)

未だ四本目…私にしては驚異的なカメの歩み
この春宝塚を卒業した安蘭けいが在団中に演じた「アイーダ」を再び

と言うわけで「王家に捧ぐ歌」を改めてアイーダ主役、男性混合バージョンに作り直したのが今回の作品。
一番心配だった「性転換(男役が「女」を演じられるか)」は全く問題なし!

ピラミッドをモチーフにした装置が色々うごいて場面を演出するのですがこれなかなか良いです。

このバージョンで…宝塚で見たい(^_^;)\(・_・) オイオイ

宝塚の作品のこういった持ち出しって初めての経験なのでなんかむずがゆいです。

しかしまぁ安蘭けい「女」デビューとしては合格でしょう。
posted by みちる at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

【ライブ2009-1】シアタークリエ ミュージカルツアーへようこそ!in live@クリエ

戸井勝海&辛島小恵ジョイントライブwith石井一彰

東宝芸能所属と言うだけのくくりの三人(戸井さん談)
オープニングの「トゥナイト」(ウエストサイドストーリー)からずらっとミュージカルナンバー

そしてぼけ三人(^^;とのことでトークはある意味大爆笑
戸井さんは英語のタイトルは全く覚えられないそうです
辛島さんにリクエストした「私はイエスがわからない」(ジーザスクライストスーパースター、私も未見&英題は覚えてない)のタイトルどころか作品名さえわからなかったそうな何でもミュージカル役者なのにあまりミュージカルを見ていないとか

お持ち帰りソングとしては辛島さんと石井君のデュエット「愛していればわかりあえる」(モーツァルト!)これは結婚報告パーティーの入場に使った思い出の曲です。
そして戸井さんの「ブイドイ」(ミス・サイゴン)

今後のご予定は
戸井さん 来月の「天翔ける風に」
辛島さん イクスピアリ(舞浜)で歌ってらっしゃるそうです
石井君 パルコ劇場出演中 その後レミゼ

天翔ける…戸井さんなら見に行こうかなぁチケットどうなんだろう?

posted by みちる at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

【宝塚2009-3】東京宝塚劇場 エリザベート

数ヶ月観なかったと思えば…今週は週の頭と終わりに一本ずつ
まぁこういうコトも有りますね

二年前 エリザベートを演じた瀬奈じゅんがトートというのが最大の売り?
シシィ(エリザベート)に宙組中堅男役凪七瑠海
フランツは安定の霧矢大夢
ルキーニは抜擢で龍真咲

ルドルフは若手を含むトリプルキャスト
私が見た初日は遼河はるひ

組長(って越乃リュウなんだね 私も年取るわけだ)いわく「今しか見られないエリザベート」そう 舞台はなにとどう出会うかわからない
瀬奈じゅんは退団発表もしているので瀬奈じゅんのエリザベートは最後になる。





ゴメンナサイ 瀬奈じゅんもっと歌える人だと思ってた なんか誰かと間違ってたみたい。
これがね星組の時みたいに全く期待してなかったらまぁ大丈夫なんだけど…
凪七瑠海は良かったと思う 敢えて言えばもっと我があってもいいかな?

フィナーレがね どうして小池先生ってジャズとかタンゴとかそう言う方向なわけ?
どの作品もそうなってる気がする。

あと善し悪しじゃなくて若干変化がありました
一幕最初の方のシシィの衣装二着、
気のせいかも知れないけど黄泉から帰ってきた後のベッドの位置
カフェの両脇の壁
黒天使の振り付け

でもまぁきちんと初日が開けたなぁと言う感じです。


8月5日発売予定 エリザベート 2009 月組(DVD)

posted by みちる at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

【ミュージカル2009-3】パルコ劇場 サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ

ソンドハイムの作品、宮本亜門演出
石井一彰君が出るという以外何の情報も無しにチラシのスーラの絵を見てもそれが作品と結びつかず…あらすじぐらい読んでおけば良かった…


この作品は 難解or取っても面白いのどちらかだと思う若しくはどちらも
三日経ってみて 「どちらも」かなぁと言う感じ

今日になって一幕のヒロイン「ドット」が点描の「ドット」だと気が付いた(^^;

登場人物が絵の通り並ぶ場面は圧巻です

でも贅沢にもX列(最前列)ではわかりにくい 
あと劇場機構というかセット 面白かったぁ

若い頃一瞬舞台美術の世界を夢見たことを思い出しました。
posted by みちる at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

【映画2009-1】鑑識米沢守の事件簿

相棒シリーズのスピンオフです。

以前図書館で原作(当時は映画はきまってなかった)を読んだのですが斜め読みも良いところで(^^;
で 映画館でも斜め観(?)してしまいまして。

面白いと思います。
エンドロールの分割で「米沢家の幸せな風景(過去)」の動画が何ともほほえましくて…

えっとDVD出たら借ります。
相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン <通常版> [DVD]

相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿~幻の女房~  (宝島社文庫―「相棒」シリーズ)
posted by みちる at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

【宝塚2009-2】星組東京宝塚劇場 「My dear New Oreans」 「ア ビヤント」

2月に宝塚で見た作品の東京初日
安蘭けい最後の作品

えーとにかく泣けました
最後のレニーが話すエピソードに
景子先生はセットの使い方とか(そう言うのは美術さん担当だけど)上手いんですよね
色々感心しました

ショーは…ワタシは伝統的な宝塚のショーが好きなようでカンカンよりも「ロケット」が見たかったなぁ

*****
宝塚を見始めて25年が経ちました
その間に「この人!」というのはまぁ何人か居るのですが
いわゆる路線でトップになるのを祝えてさよならも見送れたのは安蘭けいと一路真輝だけです(っていうかトップになった人のファンじゃない場合が多すぎる)
安蘭けいは一路真輝の役を新人公演で何度か演じてます 日本初演のエリザベートの新人公演トートは安蘭けいです。
そして相手役の遠野あすかも新人公演と代役でシシィを演じてます
この2人にエリザベートをあてがわなかった大人の事情がきっとあるのでしょうが 見てみたかったなぁ
さよならショーは何を歌ったんだろう?(DVD買うつもり)
バウ初主演の「イカロス」もとても好きでした
数年遅れての東京−名古屋公演の演出も(あっこれは景子先生の役割だけど)好きでした。
トップになるのにとても時間のかかってしまったスターでした
就任直後のトークショーで「諦めなかった理由」を聞かれて「同じように四回受験して駄目だった仲間の顔を思い出す」と答えてました。

次のトップは記録的に(でもないか)早い就任の柚希礼音です。
とても期待してます。
posted by みちる at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

【ミュージカル2009-2】ミュージカル座「サイト」

今年はリピートしないつもりだったのがいろんな事情があって千秋楽観劇
苦しい言い訳としてはキャストが違う

初日に有ったかなぁと思ったのが「華原朋美は未だ歌ってるの?」と言う歌詞

前の人が座高が少々高くて耳に頼る観劇に→少々疲れもでて以下略

でも観たいシーンだけはばっちり観るという 周りには迷惑だったかも
隣の席の人は一幕で消えてしまった何だったんだろう?

初日に感じたのと同様冗長、人大杉
もっと整理すると「名作」になると思う

お目当ての森田浩貴さんは初日に観たとき(ゴメンナサイ)?と思ったところが全てクリアされていたほぉ…
再演があったら試しに観るかも知れません
posted by みちる at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

【ミュージカル2009-1】博品館劇場 ミュージカル座「サイト」

初演を見た人によると8〜9年前の話らしい

世紀末ってヤツですね

舞台には真ん中にベッドひきこもりっこが寝ている
おもむろに起き出しておもちゃ箱(ぬいぐるみ箱?)ノートパソコンを出して自分の「サイト」に死にたいと書くそこから広がるいろんな人たち(と言っても有ったこともなくハンドルと書き込みから具現化した人たちが舞台には現れるのですが)色々論争を起こす。

今だったら「BLOG」とか2ちゃんねる(とかいてもしかして2chかと思った)とかそう言う方向なんだろうなぁ

客演の森田浩貴さんを目当てに行ってとても素晴らしかった
タダミュージカル座らしいなぁとおもったのが必要以上のキャスト…
座員をもつというのはそう言うことなんだろうけど観ていて舞台が窮屈です。

それ考えると比べるべきではないのだろうけど宝塚はすごいなぁ
posted by みちる at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【演劇2009-1】博品館劇場 朗読劇「苦情の手紙」

全く情報を頭に入れずに行ったのでデパートかなにかの話?と思っていたら
アパートの1階と2階に住む住人のクレームの書簡集?
そこに2階住人の以前会社にいた人のメールのやりとりが加わる

主人公の2階住人はこういっちゃ何だがちょっと愛すべきお馬鹿さんだ
そこを説教されたりつけ込まれたりまぁさんざんな目に遭うのですが

このテキスト欲しい!と思いました
自分でやってみたいです
posted by みちる at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宝塚2009-1】星組大劇場 「My dear New Oreans」 「ア ビヤント」

色々思うところが有って観劇日記をつけることにした。
今年は出足が遅くて2月の初めの日曜日になってしまった…その後が怒濤なんですが(^^;


天才的なミュージシャン 、黒人差別、そんな理不尽な社会を生きている主人公巡り会った女性ともこれまた理不尽に離れてしまう(と言う感じに私は受け取った)
最後にきちんと泣かせてくれるんだけど 「そう生きなければならない」ってどんな感じ?と考えさせられた。
植田景子先生演出 植田先生は安蘭けいのバウ初主演でデビューしている。

ショーは…何というかいかにも藤井大介のショー良くも悪くも
見終わってすがすがしいです。


あぁやっぱり演劇レビュー向いて無いなぁ
posted by みちる at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

今回のお花

447.jpg

紫のバラとトルコ桔梗を入れてくれと頼みました
この時期持ちの良い花というとやっぱり蘭が入っちゃうんですね

わたし自身は花を先に初日に送り込んで今日初日です。
でもって終わったら家に直帰で直行で帰省です
posted by みちる at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

アフタースクール 二度目見てきました

一度目は初日に
有楽町で観ようと思ったら最終回しかもう席が無くて、しょうがないと新宿に行ったら目の前で座席が売り切れて次の回をみたという何とも後手後手な…でした

で、細かいところで最後まで見て あ!というところが有ったのでそれを最初から確かめるため&夫と見るためにもう一度何故か因縁の新宿ジョイシネマへ

これも不思議でねぇ
先週 友人と行ったときは歌舞伎町一周したのに目の前に有りましたよジョイシネマ
そして喫茶店もあんなに見つからなかったのに…ありましたよ映画館の上に(本日は貸切で駄目だったけど)

まだまだ公開が続くのでかけない事だらけですが
実はもっと細かいところで「日付」が夫の誕生日だったというのでもう一度…見てきます(馬鹿か私は?)
でもその日だと土曜日だし学校は夏休みじゃないと思うんだけどねぇ…突っ込みすぎ?

今度こそシネカノンで見てきます 一人なら平日でも良いしね
映画を複数回見るなんて…うーんローマの休日以来かな?(当然リバイバル)

powerd by 楽-yah

posted by みちる at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

なんかよく分からないけど当選しちゃいました

ブロガー限定無料ご招待!モニタープラザ@edita

という事で当たったので明日行ってきます
よく分からないとか言っちゃ駄目ですね自分で応募したのだから

とにかく明日行っています 明後日うち合わせもあるのにだいじょうぶか私?
posted by みちる at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(観た物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oisix(おいしっくす) ニッセン フェリシモ「コレクション」(頒布会)フェリシモ「コレクション」(頒布会) Supported by 楽天ウェブサービス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。